沿革

投稿日 2013年12月12日

渡邉(わたなべ)美樹の沿革

1959年10月
(0歳)
横浜市生まれ。小学校5年生の時、父親が経営する会社を清算したことから「自分は将来、社長になる」と決意する。
1970年(10歳)
幼少期母・美智子が亡くなる。父の会社が清算。家庭はどん底となる。
引きこもりを経験する。親父の敵を打つと社長になる決意をする。
1972年(12歳)
母に会いたい一心で、キリスト教に入信し、宣教師の資格を取得し、布教活動を行う。社長になる夢は一時封印。
1975年(15歳)
宗教に疑問をもち脱会。ただし聖書は、渡邉美樹の教科書となる。会社の社長になると再び強く抱く。
横浜希望が丘店高校に入学。いわゆる「夢に日付」が入る。
1978年(18歳)
明治大学商学部入学。
大学2〜4年間の間で日本一周旅行と北半球一周旅行を決行した際、旅の経験から外食は人々を幸せにすると確信。また、在学中、明治大学の横浜会に入会、59代目の幹事長になる。1万人コンサートを企画開催した。
1982年(22歳)
1982年北半球旅行(ニューヨーク)北半球一周旅行の旅に出る。20カ国以上の国々で様々な出会い、差別、偏見、そしてNYのライブハウス「ケニーズ・キャスタウェイ」で衝撃的なシーンに感動し、外食産業を決意!
1982年3月
(22歳)
明治大学商学部を卒業。会社経営に必要な財務や経理を習得するため、経理会社に半年間勤め、その後1年間運送会社で働き資本金300万円を貯める。
1984年5月
(24歳)
創業。経営不振だった「つぼ八」の店を買い取り、FC店オーナーとして起業。
1986年5月
(26歳)
株式会社ワタミを設立。
(87年にワタミフードサービス㈱に社名変更。05年ワタミ株式会社へ社名変更)
1992年4月
(32歳)
1992笹塚オープン制服居食屋「和民」を開発。
1998年8月
(38歳)
東証二部市場に上場。
1999年(39歳)
「”美しい地球を美しいままに、子どもたちに残していってあげたい”次の世代が、今ある美しい地球環境を受け継ぐことができたら、とてもすばらしいことだろう。このためには、地球に住むひとり、ひとりが変わらなくては、何も変わらない。」という思いのもと、外食産業で初めて、ISO14001を取得。
2000年3月
(40歳)
2000.3東証一部上場020東証一部上場。
2001年(41歳)
特定非営利活動法人スクール・エイド・ジャパンの理事長に就任。
※2009年10月に公益財団法人へ移行し、公益財団法人「School Aid Japan(スクール・エイド・ジャパン)」代表理事に就任。
2002年4月
(42歳)
農業へ本格参入。有限会社ワタミファームを設立し、千葉県山武町にて農場運営を開始。
2003年(43歳)
「人間が本当に人間らしい夢と希望を持った人生を送れる基を築くような教育機関を設立する」という夢の第一歩として、東京都文京区で郁文館中学校、郁文館高等学校、郁文館国際高等学校(現・郁文館グローバル高等学校)の3校を経営する学校法人郁文館学園(現・郁文館夢学園)の理事長に就任する。
2004年(44歳)
日本経団連理事に就任。(2011年2月辞任)
ワタミメディカルサービスを設立し介護事業に参入するとともに、大阪府岸和田にある医療法人盈進会岸和田盈進会病院の理事に就任。
2005年3月
(45歳)
2005年SAJ介護事業へ本格参入。神奈川県を中心に有料老人ホームを運営する株式会社アールの介護をグループ会社とし、本格的に「施設介護」事業に乗り出した。
2006年4月
(46歳)
持株会社体制に組織を改める。
内閣官房教育再生会議有識者委員に就任(2008年1月 教育再生会議解散)。
神奈川県教育委員会委員に就任(2009年10月 辞任)。
2007年(47歳)
070516多摩シンポジウムカンボジアで売られる子に出会う。砂に水をまいていいじゃないか。やらないよりやった方がいいと覚悟を決め孤児院づくりをはじめる。
医療法人盈進会岸和田盈進会病院理事長に就任。(2015年2月 顧問を退任)
2008年7月
(48歳)
2008年宅食事業参入高齢者向け宅配事業へ参入。株式会社タクショクの全株式を取得。
2009年6月
(49歳)
代表取締役会長に就任。
2010年(50歳)
NPOみんなの夢をかなえる会 理事長に就任。
※2014年3月に公益財団法人へ移行し、「公益財団法人みんなの夢をかなえる会」代表理事に就任。

2011年2月
(51歳)
非常勤取締役最高顧問に就任。同年4月、非常勤取締役会長に呼称を変更
2011年4月
(51歳)
110725虎シンポジウム?東京都知事選に出馬。101万3,132票という貴重な都民有権者の皆様のご支持を頂くも落選。
2011年6月
(51歳)
岩手県陸前高田市復興対策参与に就任。
2013年1月
(53歳)
「ユヌス・ソーシャルビジネス」の育成・支援を行い、社会的問題の解決に寄与することを目的に「一般社団法人ソーシャルビジネス・ドリームパートナーズ」代表理事に就任。
2013年5月
(53歳)
自由民主党東京都参議院比例区第89支部支部長として参議院選挙に出馬を表明。
2013年6月
(53歳)
非常勤取締役会長を辞任。
2013年7月
(53歳)
参議院選挙(全国比例区)にて、104,176票という貴重な全国の皆様のご支援をいただき当選。