PDCAの要諦

投稿日 2014年9月30日

秋の臨時国会を前に、

久々に経済産業部会が開催され、出席しました。

私が政治の世界に入って感じた事のひとつに
「PDCAサイクル」がないという事がありました。

参加する部会や委員会のたびに、この事を言い続けてきたところ、
今日の議題となった「小規模企業振興基本計画」では、
この「PDCAサイクル」の考え方が組み込まれていました。

しかし、残念ながら目標設定が大雑把すぎるため、指摘させていただきました。

中長期の目標を達成するために、
短期目標をどう設定するかが要諦である「PDCAサイクル」。

日本再興戦略では、小規模企業振興に関して2020年の目標は定まっているものの、
そこに至るまでのロードマップは明示されていません。
2015年、2016年・・・という短期目標を設定し、スピーディーに結果検証(C)と計画の見直し(A)をすることが重要です。

私の後に発言した衆議院議員の山田美樹先生が、
「名前も主張も同じです」と賛同してくださり、笑いの渦に包まれました。

重点施策は非常によくまとまっています。
これを深掘りすることで、日本の経済、そして中小企業はきっと元気になると信じます。

140930_002 140930_001