KPI

投稿日 2015年4月11日

経営における重要な指標「KPI」。

KPI(Key Performance Indicator)とは、目標の達成度合いを計る定量的な指標のことで、重要業績評価指標と訳されます。

最近、政治の世界でもこのKPIが使われるようになり、
先日参加した自民党の部会で「日本再興戦略におけるKPI」について報告がありました。

しかし残念なことに、期限がなかったり、期間が長かったりと、
正しくKPIが設定されていない現状であるため、意見させていただきました。

本来KPIとは、
目標達成に向けて適切に進捗しているかどうかを判断するために設定するもので、短期スパンで継続的に測定・監視するものです。

例えば、日本再興戦略では「今後5年間で新たに1万社の海外展開を実現する」というKPIがありますが、これを正しくKPI設定してみます。
100社セミナーに参加すれば、1社海外展開するという何らかのデータがあるとしたら、5年間で100万社をセミナーに呼ぶ。それを1年で割り、1ヵ月で割り、1週間で割る。だから毎週毎週のセミナーに何社呼ばなければいけない。これが正しいKPIなのです。

この意識と感覚がなければ、絶対に数値目標は達成できません。

政治や行政の世界でも「国家経営」の意識を持ち、
是非とも正しい経営の技術を取り入れてもらいたいと思います。

150411_02