日・メコン議員連盟

投稿日 2015年12月14日

2015年12月にラオスを訪問しました。

ラオスは初めてです。
日・メコン友好議連の吉川ゆうみ先生(参議院・三重)と合流しました。

ラオスからホテルまでの移動で驚いたのは、
カンボジアやバングラデシュとは違い、誰もクラクションを鳴らすことなく、交通マナーを守り、
路にはゴミが落ちていないことです。
日本と似た国民性を感じます。

ラオスの人口は664万人で千葉県の人口とほぼ同じ、面積は日本の本州とほぼ同じです。
共産主義ではありますが、伝統的な親日国です。
国民の大半が自給自足的な農業に従事しており、アジアで貧しい国の一つです。
一人当たりGDPは1,628ドルで、国連から後発開発途上国(LDC)に指定されています。
ただ、近年のラオスの経済成長はめざましく、経済成長率は8%です。
ラオス政府は2020 年までにLDC から脱却することを目指しています。
日・メコン議連としてどのような協力関係を築けるか、ラオスの閣僚やJICA、JETRO、商工会の皆さんと会って、意見交換しました。

151214_004

視察日:2015年12月14日