カンボジア政府要人との面談

投稿日 2015年12月16日

2015年12月にカンボジア政府要人と連続して面談させていただきました。

面談した順に、
1)テップ・ンゴン上院第二副議長
2)マム・ブンニヤン上院議員 兼 日本友好議連副会長および議連メンバー
3)ヘン・サムリン国民会議議長
4)チアン・ブン国民会議日本友好議連会長および議連メンバー

一連の面談を通じて、カンボジアが日本に期待する主要なテーマが見えてきました。
・ビジネス人材・技術者の育成支援・専門家派遣
・科学技術専門の大学の設立支援
・日本への留学支援
・日本からの投資の促進
・投資を呼び込むためのインフラの整備支援(大型船の入港可能な港の建設など)

2016年夏に予定している次の訪問の際に、これらの要望に対するある程度の答えをお土産として持っていきたいと思います。

日本友好議連には、大きな会社を経営している議員が何人かいらっしゃいました。
私が運営する孤児院の子どもたちにとても興味を持ってくださり、「うちの会社で雇いたい」と言ってくれる方もいました。
父親として、こんなに嬉しい話はありません。
今日はとても良い日です。

151216_写真01

151216_写真02

面談日:2015年12月16日