経済産業委員会 予算委員会委嘱審査

投稿日 2018年4月13日

参議院の経済産業委員会で25分間、
経営の現場30年の経験から質疑しました。
質疑のテーマは3つ。
日本の財政・日銀の出口戦略・中小企業支援体制についてです。

・基礎的財政収支黒字化を2027年に先延ばししたが、この試算は現実的か?
・名目長期金利の設定は妥当なのか?
・日銀は出口戦略をどのように考えているか?
・財政破たんやハイパーインフレという最悪のシナリオを検討しているか?
・バブル崩壊後、黒字企業は全体の30%前後と30年前から比べて増えていないが、中小企業支援政策は正しかったか?
・現在の屋上屋を重ねた中小企業支援体制はゼロベースで見直すべきではないか?

今回の問題提起、国民の皆さんや中小企業経営者の皆さんにも関心を持っていただきたい内容です。

詳しくはこちらの政策提言ブログもご覧ください。
https://ameblo.jp/watanabemiki/entry-12362757544.html