マカオ出張記②

投稿日 2017年9月20日

私が日本でのIR実施法審議にあたって
最も懸念するマネー・ロンダリングのリスク。
これについて、
現地のカジノのオぺレーター(責任者)と
会談の機会を持てました。
カジノにおいて、
マネー・ロンダリングの疑いの元になっているのは
「ジャンケット」という存在です。
「ジャンケット」は世界中の大富豪など
VIPの上客に対して、特別なサービスを行います。
カジノの個室をジャンケットが確保し、
部屋の中でのカジノは誰も状況が把握できません。
さらにジャンケットが資金を融資するサービスもあります。
このような「ジャンケット」の存在が、
カジノにおいて最も不透明な部分であり、
マネー・ロンダリングの温床となっていました。
この疑問をぶつけたところ、オペレーターは、
日本でカジノをやるなら、
ジャンケットは無しにして、
日本ならではの新しいカジノを作れるのではないか、と
前向きに語ってくれました。