電力システム改革第3弾改正

投稿日 2015年1月30日

〜国民に開かれた電力システムを目指して〜

このようなスローガンをサブタイトルにしている「電力システム改革」。

議論は第3弾改正へと進み、自民党内の会議で発言させていただきました。
既に発送電分離において、既存電力会社のグループ経営が可能な「法的分離」が法案成立していますが、私は今でも資本関係を持つことができない「所有権分離」をすべきと考えています。

しかし、法案成立してしまった今、
「法的分離」でも既存電力会社が有利とならないよう、人事や業務委託契約などに制限をかける「行為規制」が非常に重要となります。

曖昧な「行為規制」ではなく、厳密な「行為禁止事項」を作るべきです。

大切なことは、公正な競争ができるようにしっかりと法整備すること。
公正な競争なくして、国民に開かれた電力システムは決して実現できないと思います。

150130_03 150130_04