プライマリーバランスの黒字化

投稿日 2014年2月12日

自民党の政策審議会に参加しました。

財務省から、今後の財政健全化の見通しについて説明がありました。
安倍首相の約束は「2020年度までにプライマリーバランスを黒字化する」というものです。
しかし、今日の資料ではそれを本当に達成できるとはとても思えませんでしたので、質問させていただきました。

今後10年間の平均成長率として実質2%、名目3%を見込んでいるが、それは本当に可能でしょうか?
このままでは企業(=雇用)が海外に逃げてしまうのではないでしょうか?
今の低金利がそのまま続く仮定ですが、それはあり得ないのではないでしょうか?
そうした懸念がたくさんある中で、2020年度までにプライマリーバランスを黒字化するために、どのような計画を描いているのでしょうか?

20140213_01_01

財務省からは、とても素直な回答でした。
「2020年黒字化への道筋は、まだ見えていません」

子どもたちの未来のために財政再建は必ず実現しなければなりません。
そのために、実効性のある計画を立ててPDCAをまわしていくこと。
国民の皆さんと一緒に、しっかりと見張っていきたいと思います。

【補足資料:中長期の経済財政に関する試算】