外交防衛委員会

投稿日 2014年6月3日

本日、参議院の外交防衛委員会に委員として出席しました。

集団的自衛権について与野党9名から質疑があり、
安倍総理の答弁をずっと聞いていました。
思うことが二つありました。

まず、以前から多くの批判を受け、多くの敵を作ることになるのに、
「なぜ、あえて今、安倍総理は問題提起するのだろうか?」
と不思議に思っていました。

総理の答弁を聞いていて、ひとつのことを確信できました。

政治の世界に入って、とても残念だと感じることは、
自分の立場を守る、あるいは背負っている団体の利益を第一に考える、
つまり「損得」で物事を考える政治家が少なからずいらっしゃる、ということです。

しかし、安倍総理は、『国民の命、暮らし、平和を守ることを本気で考え、
政治家としての使命感から、戦争を防ぐため』に、
集団的自衛権のための憲法解釈変更が必要だと考えておられるのです。
「損得」を優先させない安倍総理を、
自民党議員としてしっかり支えていきたいと思いました。
もう一つは、日本の自衛についてです。
集団的自衛権の問題は、突き詰めていけば、
1.この国を自国のみで守る
2.この国を仲間(同盟国)と一緒に守る
のどちらを選択するか、ということです。

仲間に守ってもらうなら、仲間が攻撃されたときに、
仲間としてその国を守るのは当たり前です。

みんなが自分を守ってくれるのに、
みんなのために自分は何もしない、
という無責任な選択肢はあり得ません。
いずれかを国民が選択するのか、日本の自衛はどうあるべきか、
徹底した議論を進めるべきだと思います。

140530_01