世界知識フォーラム

投稿日 2014年10月20日

世界知識フォーラムで演説(スピーチ)をしました。

日本からは今年、日銀の白川前総裁や、イェール大学の浜田宏一名誉教授などが参加されています。
分析や理論でなく、私は経営者出身の政治家として「経験」を話しました。

お話を頂いた時からテーマは「六次産業」と決めていました。

三次産業の「居食屋・和民」だけではなく、一次産業の「ワタミファーム」、
二次産業の「ワタミ手作り厨房」を経営判断したのは、損得でなく善悪の経営判断でした。

政治家としても農業分野の成長戦略としてこの「六次産業化」の推進を強く政策提言しています。

MBAホルダーをはじめ世界の知識人から今「六次産業」は大変注目されています。
満員の会場からもそれを肌で感じました。

私がいちはやく六次産業に取り組んだのは、
農薬漬けのレモンを洗剤で洗い、お客様にレモンサワーとして出すことを良しとしなかった、
その善悪がすべてのはじまり。

世界の知識人にそれが伝わったかと思います。

141020_02