ラオス計画投資大臣 表敬訪問

投稿日 2015年12月14日

2015年12月にソムディ・ドゥアンディ計画投資大臣を表敬訪問しました。

ソムディ・ドゥアンディ計画投資大臣曰く、
・ラオス経済の根幹は農業など自然に依存している事業。
・国民の多数が農業に関わっており、農業は我々国民の基礎。
・だから、持続的で環境に優しい企業・事業に投資して欲しい。
・これからは農業を大規模化して生産性を向上させたい。
とのことでした。

私からは、カンボジアのSAJファームにおいて、レモングラスを栽培してオイル抽出し、日本に輸出するビジネスモデルについて説明させていただきました。
大臣からは「そのノウハウを是非ともラオスに!」とお願いされました。

話は日本食にもおよび、「ラオス人は日本食が大好きで、私も日本を訪問したときはもちろん、ラオスにある日本食レストランもよく利用する。ラオスの日本食レストランが本物かどうかチェックしてほしい」ともお願いされました。

最後に大臣からは、「日本企業がラオスに投資する際に課題があったらすぐに私に相談してほしい」とお願いされました。
ラオス行きのフライトで偶然、隣同士となり、ラオスに工場を持つ日本の老舗食品メーカーの会長に早速、電話でソムディ計画投資大臣を紹介させていただきました。

151214_視察03

訪問日:2015年12月14日