メコン議連カンボジア訪問記②

投稿日 2017年1月17日

日メコン議連カンボジア訪問の最初の会合は、かつて日本に留学経験があり、現在は最高国家経済評議会顧問や一流大学学長など、要職に就いておられる親日家の方々との夕食会でした。
政治家に限らず、経済や教育分野の有力者と親交を深めることは、日本とカンボジアのさらなる関係強化につながります。
夕食会には、公益財団法人School Aid Japanの孤児院を卒業した娘や息子たちが通う、王立プノンペン大学や国立経営大学の学長および日本語学科の学部長も参加されており、「渡邉先生の娘さんは今、卒論を頑張っていますよ!」と声をかけてくれました。
また、プノンペンのイオンモールにある和民の常連さんで、「和民、大好きです!」と何度も連呼してくれる方も。
ワタミの海外出店も、SAJの活動も、将来、政治家になることを意識して推進したわけではありません。でも、今回のように、政治家としてカンボジアを訪問して、偶然、ワタミファンの方やSAJゆかりの方に遭遇する。
「コツコツと積み上げてきたものが繋がっていくのだなぁ」と感じずにはいられません。